JAPAEAR JE-555 レビュー

最近、中国や他の国のイヤホンがかなり人気が出てきていますね。

ですが、日本のイヤホンも負けていません!

ということで今回はJAPAEARさんのJE-555をレビューしたいと思います。

 

JE-555 製品紹介

f:id:mmochang:20170315134834j:plain

外箱はシンプルな白い箱です。

ちなみに、購入時は黄色い帯紙みたいなものがついています。(一回取ったら付けられなくなってしまいました。ごめんなさい。)

f:id:mmochang:20170315134918j:plain

高級なアクセサリーでも入っているようなきれいな箱です。

f:id:mmochang:20170315134856j:plain

中はハウジング部分を固定して、周りにケーブルを巻いて収納するケースです。

f:id:mmochang:20170315134948j:plain

上部分には高級感のあるjapaearのマークがついています。

f:id:mmochang:20170315135014j:plain

ハウジングはアルマイト製でつや消しのマットなデザインです。

japaearマークの裏側部分にLRが書いてあるので、付けるときもわかりやすいですが、左右の形は同一なので暗闇ではわかりにくいかと思います。

f:id:mmochang:20170315135041j:plain

ケーブルは、細いケーブルを編んだ上に薄い被膜で巻いてある仕様です。

見た目と質感がとてもいい印象です。

f:id:mmochang:20170315135225j:plain

3.5mmプラグはL字型になっています。

先端部分がかなり細めのものになっていますので、スマートフォンのケースがイヤホンジャックが細めのものでも恐らく入れられると思います。

f:id:mmochang:20170315135433j:plain

イヤーピースはL、M、Sの三種類とウレタンイヤーピース、NOBUNAGA Labs製のダブルフランジイヤーピースが付属してきます。

また、クリップも付属してきます。

 

質レビュー

まず、このイヤホンはかなりエージングが重要となります。

公式サイト(JAPANイヤホン製造株式会社 | 製品情報)の方にも推奨エージング時間80時間と記載されている通りに、かなり長い時間鳴らしておかないと本領を発揮してくれません。

エージング前は本当に5000円でもあるようなレベルの音質だと感じました。

全音域がボヤケていて、評判が良いらしく期待していた音場も広くは感じませんでした。

 

80時間程度エージング後は、かなり変化して3万でも安すぎるような素晴らしいイヤホンに化けてくれます。

ちなみに、音場がすごく広いとよく記載されていますが、個人的にはそこまで広いとは思いません。

ですが、このイヤホン独特の音場を持っていて、ベースやドラム、ギター、ボーカルが上手く分離していて、でも分離し過ぎることはないような独特な鳴らし方をしてくれる印象です。

このイヤホンを聞いてから他社製の同じ価格帯のイヤホンを視聴すると、何かが物足りないような気持ちになってしまう、不思議な魅力を持つイヤホンかと思います。

 

音としては、低音は控えめで中高音が綺麗に鳴る印象です。

特に高音はすごく綺麗に伸びていき、心地よいです。

アコースティックギターを使う曲や、女性ボーカルの曲はかなり気持ちのいい音が楽しめるかと思います。

低音は控えめとはいってもしっかりと鳴ってくれているので、不足と感じることはまず無いかなと思います。

また、インピーダンスは16Ωとなっていますが他のインピーダンスが同じイヤホンと比べてもかなり音は鳴らしやすかったです。ですので、所謂高級DAPと呼ばれるものでなくともしっかりと鳴らしきれるかと思われます。

 

やはり音場が魅力的なのでクラシック系の曲にはもちろんオススメだと思うのですが、音の位置がかなりはっきりとしていているので、個人的にはバンド系の音楽を聞くのが楽しいかなという印象です。

逆に、EDM系の音楽ではあまりこのイヤホンの本領を発揮できないのかなと思いますのであまりオススメできないかなと思います。

 

ちなみに、イヤーピースによってもかなり音が変わります。

 こちらのツイートの通り、付属のNOBUNAGA Labs製のダブルフランジのイヤーピースが一番良い様です。

私もNOBUNAGA Labs製のイヤーピースが一番いい音だと感じました。

ちなみに、ウレタンイヤーピースはキツすぎて入りませんでした(笑)

強引に装着しようとしたら他の部分が壊れそうになるくらいキツイです。

 

遮音性は、ウレタンイヤーピース装着時はわかりませんが、基本的にあまり良くは無いと感じました。

電車内でしっかりと音が聞こえるくらいに音量を上げて一日使用してみたところ、夜に耳鳴りがしました。恐らく相当音量を上げていたのかなと思います。

外出時に使いたいと考えている方はご注意ください。

 

そして、ケーブルの皮膜部分が非常に脆いです。

 japaearさんのtwitterにも書いてあるのですが、本当に脆いです。

鍵などに一緒に入れているわけでもなく、個人的に乱暴には使ってないと思っているのですが、1,2ヶ月で3.5mmプラグ付近やハウジング付近の被膜が破れ始めています。

ずっと使っていると被膜がボロボロになってしまいそうで、外に持っていくのを躊躇ってしまうくらいです。

付属のクリップも付けようとしたのですが、被膜が破れそうになってしまったので無しで使用しています。

 

要約すると、音はとても良いが遮音性やケーブルの耐久性が不安です。

室内使用を考えている方にはかなりオススメになってくるのでは無いでしょうか。

 

 

JAPAEAR カナル型イヤホン ダイナミック マットブラック JE-555-MB

JAPAEAR カナル型イヤホン ダイナミック マットブラック JE-555-MB

 

 

 

宮本浩次さんの使用ギターは何?使用ギターと似ているギターを紹介してみた!

今回はエレファントカシマシのボーカルとギターをつとめている宮本浩次さんの使用しているギターと、それに似ているギターを紹介してみたいと思います。

f:id:mmochang:20170307141537j:plain

皆さんもよく見るかと思いますこのギターは近藤ギターワーク製のストラトキャスタータイプのギターです。

f:id:mmochang:20170307154806p:plain

指板が黒ではないバージョンも持っているようです。

どちらもカスタム製ため、完全に同じスペックのものは恐らく自分で申し込むしか作る方法はないでしょう。

なので、ボディが黒、ピックガードがべっ甲で、ピックアップ構成がSSSのギターを調べてみました。

G&L Tribute Legacy Black/Maple

f:id:mmochang:20170307142209j:plain

G&L製の、実売価格約70000円のギターになります。

ピックガードの雰囲気が若干違いますが、かなり似ているものかと思われます。

ギターをこれから始めたいという方には少し高価かとも思いますが、この値段のものならばかなり長期間使用することもできるかと思いますので、思い切ってみてはいかがでしょうか。

 

 


 

 また、FUJIGENさんのWEBオーダーシステムで比較的安価でカスタムのストラトを購入することができますので、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

FUJIGENwebオーダーシステム↓

https://shop.fujigen.co.jp/Contents/Products?cid=311 

 

f:id:mmochang:20170307152306p:plain

次は、ドビッシャー男(エレファントカシマシ「ドビッシャー男」 ココロに花を deluxe edition ver. - YouTube)、明日に向かって走れ(エレファントカシマシ「明日に向かって走れ」 - YouTube)等のPVに登場しているテレキャスタータイプのギターです。

こちらのギターはどこ製かはわかりませんでした(すいません)。

ボディは黒、ピックガードはべっ甲ですね。宮本さんはこのタイプのギターが好みなのでしょうか?

ピックアップはPVの画質が荒く、よくわかりませんでしたが恐らくHHです。

f:id:mmochang:20170307152727p:plain

そして、このギターはfホールと呼ばれるものが両側についているようです。

色々探してみたのですが、このギターと同じ仕様のギターは見つかりませんでした。申し訳ございません。

一応fenderテレキャスターシンラインタイプの物が近いのかなとは思います。

ただ、fホール2つのタイプは見つかりませんでした。

 


 

 

そして、fホールとピックガードが無く、ピックアップもHSのテレキャスターも持っているようです。

f:id:mmochang:20170307155054p:plain

参照(パワー・イン・ザ・ワールド - YouTube)

こちらも、ピックガードがついているものはたくさんあるんですが、ピックガードなしのものは検索しても出てきませんでした。

 


 

ピックガードはついていますが、仕様としては近いのかなと思います。

ですが、コレだとどっちかというとアベフトシさんのファンに思われそうな気がします(笑)

 

お次はこのギターです。

f:id:mmochang:20170307161929p:plain

エレファントカシマシ 歴史前夜 - YouTubeに出て来るギターです。使用頻度は低い?

こちらはフェンダー製のストラトキャスターですので、検索すればいくらでも出てきそうですね。

気になった方は、

【デジマート】楽器と音楽機材専門の検索&総合情報サイト

さんで、STタイプ、サンバースト系、ピックアップ構成SSSで検索してみてください。

 

次はこちらのギターです。

f:id:mmochang:20170307162325p:plain

光の反射でオレンジ色にも見えますが、クリーム色のストラトのようです。

エレファントカシマシ - 四月の風 - YouTube

エレファントカシマシ - 愛の日々 - YouTube

の動画で使用しているのが確認できます。

 

こちらもカラーが一般的ですので、調べれば大量に出てくるかと思われますので、気になった方は是非検索してみてください。

 

他にもサンバーストのレスポール

f:id:mmochang:20170307162720p:plain

さらば青春 - YouTube

や黒のレスポールを使用しているようです。

f:id:mmochang:20170307162903p:plain

What can I compare your kindness to? - YouTube

どちらもよくある仕様ですので、似ている商品は省かせて頂きます。

 

 

以上、エレファントカシマシの宮本さんが使用しているギターの紹介でした。

また、新たに発見した場合は追加しようと思いますのでよろしくお願いいたします。

FOSTEX TE-05 レビュー

最近、コストパフォーマンスの高いイヤホンが増えていますね。

そんな中、本日紹介させて頂くイヤホンはこちらになります。

 

f:id:mmochang:20170306230509j:plain

FOTEXさんのTE-05です!

 

TE-05 製品紹介

f:id:mmochang:20170306232103j:plain

外箱は美しく、高級感があります。

f:id:mmochang:20170306232143j:plain

革製のケースが付いてきますが、かなりぴったりのサイズで作ってあるため、若干使いづらいですが、丈夫で高級感があります。

f:id:mmochang:20170306232316j:plain

イヤーピースはXS、S、M、Lの四種類が付属してきますが、あまり装着感は良くないので気になる方は別途用意していただく必要があります。

f:id:mmochang:20170306232444j:plain

ハウジングはアルミ製で、かなり高級感があります。

かなり使用していますが塗装が禿げる気配はありませんが、ハウジング同士が当たると細かい傷ができます。

 

質レビュー

使用DAPはFiio X5初代です。

まず一聴して、この価格帯ではかなり上位の透明感のある音だと感じます。

また、携帯で聞いたときとDAPで聞いたときにかなり音の違いを感じましたので、DAPの性能に左右されるイヤホンかもしれません。

 

音質自体は低音は控えめですが、キレが良く、必要十分の量はある印象です。

高音は透明感が良いのもあって、かなり伸びていく印象です。

 

この価格帯では上々な印象です。

 

しかし、このイヤホンには重大な欠点があります。

それは・・・・・

遮音性が壊滅的です。

電車内では聞こえないと言うことはないのですが、アナウンスや外的騒音は遮断してくれないので、イヤホンの性能を発揮するのは厳しい印象です。

逆に、外の音が聞こえた方がいいジョギング中にはオススメできます。

 

そして、このイヤホンを使用して1年半ほど経ったのですが。。。

断線してしまいました。

プラグがL字型じゃなかったからでしょうか。残念です。

 

このイヤホンはMMCXでケーブルを交換することが可能なのですが、端子が特殊らしく、SHURE用のものがハマりませんのでFOSTEX製のケーブルが必要なのでご注意ください。

 

そして、このイヤホンは現在生産が終了してしまい、現在はTE05と言うハイフンの無くなったモデルが販売しています。

気になった方は是非ご確認ください。

FOSTEX ステレオイヤホン TE05BZ

FOSTEX ステレオイヤホン TE05BZ

 
FOSTEX インナーイヤーヘッドホン TE-05

FOSTEX インナーイヤーヘッドホン TE-05